ホーム 賃貸 売買 会社案内 趣味のページ お問い合わせ
物件情報 賃貸
アパート・コーポ
一戸建て
事務所・店舗・倉庫
物件情報 売買
土地
マンション
中古住宅
子育て奮闘記
そんなに簡単に痩せる訳がない
うまくて高くない飲食店
会社案内
個人情報について
お問い合わせ

4月6日(土)     「自己主張出来ない議員候補」   

県議会選挙に行く気になれないと先日書きました。

昨日、ある県議の決起大会を見学に行き、行く気にならないから行かないになってしまいました。

「県を良くする」「佐賀は農業県だから農業を守る」「オスプレイ問題、新幹線問題、諫早湾埋め立て問題を解決していく」と言われていました。

具体的にどうするとか言わない、誰でも言えることばかりで前向きに頑張るとしか言わない。

そんなリーダーはいりません。

県民の意見の届役になるみたいなこと言ってましたが、結局顔つくりです。

信用出来る訳ありません。

保身議員に期待できそうにありません。

4月5日(金)     「何かと問題が多い」   

引きこもりの人数約100万人、だんだん高齢化が進んできているようです。

ちょっと前までは、引きこもりといったら若いイメージでしたが、中高年者も最近では多いそうです。

仮に引きこもりの人が生産人口に加わることが出来たなら、外国人労働者受け入れ問題はかなり改善する気がします。

日本を大切に。

4月4日(木)     「参政権の矛盾」   

県議会選挙が次の日曜日に行われますが、行く気になれません。

理由は全く期待してないからです。

本当に県民の為を思い活動しているのか疑問です。

公約だけで人を判断というのも難しいし、公約に賛成しても実現は殆どしない。

人間性を見てといっても、ほとんど会うこともありませんからわかりません。

参政権というのは権利です。

権利があるのは義務と違って喜ばしい印象があるのですが、選挙は行かなければいけないと刷り込まれた義務のような権利だと思います。

行かない権利もある。

どこまで選挙が必要なのか、最近よくわからなくなってきました。

4月3日(水)     「浮かれる前に足元を」   

令和報道で浮かれている日本。

もっと足元を見なければいけません。

2015年日本で廃棄された食品の量は646万トンだそうです。

世界は9人に1人が栄養不足と言われており、将来は世界的に食糧不足も危惧されています。

三大欲の1つである食欲、人間にとって欠かすことのできないことですから、こういった基礎的な問題を報道機関も取り上げ国民知らしめるべきだと思います。

4月2日(火)     「騒ぎ過ぎの様に感じます」   

新元号発表された4月1日、教育放送とTVQ以外は全部その報道でした。

こぞって同じ報道ばかり、春の選抜は大分の明豊高校が43年ぶりの4強、大分県の人にとってはそっちの方が重要かもしれません。

新元号となる5月1日は大晦日のようにカウントダウンしたりするのでしょうか。

昭和から平成に変わった時は、天皇が崩御されたので逆でした。

今回はそこが違います。

ただ、そんなに騒がなくてもとは思います。

4月1日(月)     「もうすぐ10連休」   

4月27日から5月6日まで10連休となる人が多いことから、海外旅行者が例年の2倍との報道を見ました。

確かに遠方の外国に行くには最低1週間は見ておきたいところです。

日本では中々1週間休むと言うことが出来ません。

今回の10連休は特別なのでしょう。

どんどん行って見聞を広めましょう。

逆に接客業関連の人たちは稼ぎ時、頑張ってください。

3月31日(日)     「悪いと知っている人いるの?」   

先週の日曜日、横綱白鳳が圧倒的な強さで優勝しました。

千秋楽で観衆を促し自ら三本締め、これが問題となっています。

理由は表彰式後に行う神送りの儀式の前に手締めしたことはおかしいというのです。

私からしたら何が悪いのか理解できません。

相撲協会のコンプライアンス第5条7項「土俵上の礼儀作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為」に当たるか調査されるそうです。

神送りなる儀式がそんなに大切なのであれば、事前にそういったことを儀式前にしてはいけないと協会が教えるべきだったのではないでしょうか。

42回も優勝し数々の記録を塗り替えた大横綱白鳳、日本人ではないからと協会が嫉妬しているようにも見えます。

そもそも、元は神事だったのかもしれませんが、今は興業として成り立っています。

神様はもうご観覧されてないのでは?

3月30日(土)     「新元号」   

新元号が4月1日に発表されます。

元号は今後、日本が存続する限り続くのでしょう。

因みに一番長い元号は昭和で、62年と14日なんだそうです。

昔は天皇が変わらなくても新元号に変えていたそうです。

新元号の名が入った会社も増える事でしょう。

3月29日(金)     「花見で一杯」   

佐賀の桜が満開近くになってきました。

今週末は花見客で賑わうでしょう。

少し寒くなる予報ですが、皆さま楽しんでください。

3月28日(木)     「争い」   

県議会議員選挙が明日公示されます。

私が住む佐賀市では定数11に対し、立候補は13人だそうです。

現職11人全て出馬、後の2人は女性が立候補。

現職11人の中に女性は1人だけ、偏りが目立つ気がしますので今度立候補される女性にはぜひ頑張って頂きたい。

日本の議員はあまりにも女性が少なすぎます。

もっと女性議員を増やして欲しいと私は考えています。

3月27日(水)     「変革の時」   

コンビニの24時間営業問題、最近よく報道されています。

私的には、人口減少しているので無理に24時間する必要あるのかなと感じます。

どこのコンビニに行っても、アルバイト募集の文字があり人手が足りてないことが判ります。

私が深夜にコンビニを使うことが無いので余計にそう思うのかもしれませんが、この問題を機に日本のサービスを考え直す時ではないでしょうか。

人間はちゃんと夜は寝るべきです。

3月26日(火)     「くだらない」   

連日不倫やドラッグの報道を見かけます。

それに対して専門家が解説していますが、外に報道する事ないのでしょうか。

視聴率ばかり気にして、どの局も似たり寄ったり、スポンサーも付けない民放ニュース番組を見てみたい。

そんな気持ちになります。

3月25日(月)     「知らなかった」   

佐賀大学で一般社会人が受講できる講義があることを、フリーペーパーで知りました。

「海洋プラスチック汚染」「海洋エネルギー入門」「地球温暖化と金融の役割」などの講義が紹介されていました。

久しぶりに講義を聞くのもいいかもしれません。

大学時代は興味あるなし関係なく、単位取得のため受けていましたから内容があまり残っていません。

興味ある講義なら頭に残りそうです。

チャレンジしてみようかな。

3月24日(日)     「有り難いを噛み締めて」   

半世紀生きていられて有り難いと感じています。

今の時代より昔が良かったなんて年配の方が仰いますが、私は今が一番だと思うようにしています。

そして今より未来は、もっと良くなると信じて生きていきます。

3月23日(土)     「ワクワク」   

イチローの引退と同時期に、春の甲子園センバツ大会が始まりました。

球児の溌剌としたプレーが見られます。

桜の開花も加わりドキドキワクワクします。

ただ開会式の挨拶は何時聞いても退屈です。

坊主も不要、そう思っているのは私だけでしょうか。

3月22日(金)     「一番咲きの桜」   

桜の開花を見に佐賀城本丸記念館に行きました。

そこで写真を撮っている方曰く、去年もこの木が一番最初に咲いたと教えて貰いました。

何が違うのか観察してみました。

素人には早く咲く理由なんてわかりませんでしたが、早く咲く桜の木は松の木が寄り添って立っており、双子のようです。

そんな観察も楽しく感じました

3月21日(木)     「人手不足」   

20度超え4月中旬並みの気温となるそうです。

年度末までお忙しい方多いと思います。

特に公共事業関連は大変でしょう。

人手不足と報じられていますが、本当のようです。

こんな人手不足という時代は初めての経験ですが、それに伴い景気があがった、賃金上がったという話は聞きません。

物価の上昇だけが起こっているような景気、このままではさらに貧富の差が進みます。

多少のサービスの質を低下させても良いので、賃金上昇出来ないものでしょうか。

3月20日(水)     「子供に感謝」   

先日、上の子の卒園式がありました。

出席は出来ませんでしたが、式前に写真は撮りました。

家でも下の子と一緒に卒園式の練習をしました。

舌足らずな感じで「しゅりょうしょうしょうじゅよん」と言っていて、かわいらしく感じました。

子供がいないと体験できないことです。

子供達に感謝。

3月19日(火)     「日本伝統をアピール」   

東京オリンピックまでとはいきませんでした。

五輪おじさん92歳があの世へ旅立たれました。

オリンピックの応援で和服に日の丸の扇子、日の丸ハット帽で有名でした。

なんと15大会、東京五輪(1964年)から観戦されていたそうです。

笑顔が素敵でダンディ、、お疲れ様でした。

3月18日(月)     「うれしくて」   

世界のホンダの復活です。

11年ぶりF1での表彰台(3位)、2008年のイギリスGP以来です。

2015年にF1に復帰してから初です。

近頃はベンツやフェラーリが強い中、何ともうれしいニュースです。

開幕戦ですから、今年2019年の活躍が楽しみです。

(全36ページ)   1  2  3  4  5