ホーム 賃貸 売買 会社案内 趣味のページ お問い合わせ
物件情報 賃貸
アパート・コーポ
一戸建て
事務所・店舗・倉庫
物件情報 売買
土地
マンション
中古住宅
旅行
そんなに簡単に痩せる訳がない
うまくて高くない飲食店
会社案内
個人情報について
お問い合わせ
佐賀県佐賀市の三和不動産株式会社 佐賀市内のおすすめのお店の紹介や健康についてのコラム
旅行 そんなに簡単に痩せる訳がない うまくて高くない飲食店

5月23日(水)     「日本大学」   

学生を守らない日本大学、隠蔽しようとした日本大学、こんな大学に行って何が学べるのでしょうか。

昨日の宮川選手の腹のすわった誠実な会見、立派だと感じました。

行った行為は良くありませんが、しっかり反省され皆の前で行為を認め謝罪、なかなか出来ることではありません。

それに比べて監督やコーチは何なのでしょうか、見本となるべき大人があれではどうしようもありません。

それを庇う日本大学の経営陣もアウトでしょう。

こうなってくると宮川選手だけこういったパワハラしたわけではないでしょうから、ほかの選手が心配になります。

社会人になる前に学ぶべき場でこういったことに合ってしまった選手は、将来監督やコーチの様になる可能性があります。

日本大学で学ぶのはパワハラモラハラのやり方だけです。

5月22日(火)     「日大の危機」   

日本大学アメフト元監督の内田氏、全ての責任は私にありますと言った割には、反省した様子もなく、悪質プレーを指示したのかなどの具体的な質問には回答せず、国民を敵に回しています。

一連の映像を見て、指示が無ければあんなプレーをした場合、監督やコーチはすぐに選手に注意するはずです。

雲隠れし、謝罪も遅れ真相は話さない。

これでは自分は監督辞めればいいでしょうが、残されたアメフト部の選手や日大在校生に大きな影響を与えるでしょう。

志願者も減ると思います。

日大の経営者にまともな人はいないのでしょうか。

余りにも影響が大きすぎると思います。

監督のような隠蔽体質の大学だと全国放送で宣伝しているようなもの。

もし私の子供が日大に行きたいと言ったら反対するでしょう。

5月21日(月)     「翔タイム」   

大谷選手4勝目おめでとうございます。

エンゼルスもこれで連敗が止まりました。

110球9奪三振1失点、打って良し投げて良し、歴史に残る選手になりそうです。

5月20日(日)     「おもしろい」   

6万年の氷河期を生き抜くために、我々祖先は体毛を減らし、体を細く小さく、目を二重から一重に変化したという説があるそうです。

体毛を減らした理由は汗や水などで体毛が濡れると寒さが増すから、体を細く小さくしたのは表面積を減らし寒さをしのぐ、二重の方が目がぱっちりしているから寒い風が身にあたらない様に。

現代では服を着たり、エアコンを付けたりとするので、過去の様に劇的に人間が進化することは無くなったのでしょうか。

後1万年後の人間はどんな進化をみせているのでしょうか。

5月19日(土)     「あっぱれ」   

高校1年生で7段、歴代最年少おめでとうございます。

日本将棋界のスーパースター藤井7段、ゆとり世代と言われていてもヒーローは必ずいます。

5月18日(金)     「ヤングマン」   

「ヤングマン」小学生の頃たくさん口ずさみました。

ザ・ベストテンでもよく見ました。

63歳、現代の平均寿命からみればあまりにも早い。

年金も人より多く支払ていらしたでしょうが、その支給前。

超人気アイドルだった西城秀樹さん、安らかに。

5月17日(木)     「あれ?梅雨なの?」   

約1週間前に梅雨入り宣言された沖縄地方、雨降ってませんね。

梅雨入り撤回とかあるのでしょうか。

曖昧なんですね。

近年の天気予報の精度は、私が子供の頃に比べると凄い気がしますが、明日の天気とは違い梅雨入りなどは良く外れている気がします。

なんだかその場その場で梅雨入り宣言してる感じがぬぐえません。

それだけ科学が進化しても自然は未知なるものなのでしょう。

5月16日(水)     「任せていいの?」   

人をイラッとさせることが上手い麻生財務大臣、国会中継ではいつも目を瞑っていて寝ているのか聞いているのか分かりません。

仕事は出来るのでしょうか。

民間企業では麻生氏のような方はトップにはなれません。

どこが魅力で選挙に勝っているのかわからない、不思議です。

5月15日(火)     「キセル」   

悪いことして見つかった時の代償は大きい。

福岡の運送会社が高速でキセルを250回もしたそうで、229万円料金を浮かせたのですが、見つかって約3億687万円支払うことになったそうです。

運送会社は燃料費が上がったからなど言い訳ばかり、人や世の中のせいにしてどうするのか。

嘘をついたらそれがプレッシャーとなり生きづらくなります。

嘘をつかない方が楽に生きれるし、体にも良いのではないでしょうか。

5月14日(月)     「また見たい」   

近頃めっきり報道されなくなった大相撲問題、落ち着いたのでしょう。

今月13日より夏場所ですが、横綱稀勢の里はまた休場です。

同部屋の大関高安も休場。

稀勢の里は7場所連続で休場、大丈夫なのでしょうか。

久しぶりの日本人横綱に湧いたのは既に2年前、ずっと休場しています。

甦れるのか稀勢の里、日本人横綱の意地を見せてくれ。

5月13日(日)     「座右の銘」   

ある中学生のコラムにヘレンケラーの言葉を座右の銘としていると書かれていました。

その言葉は「もしもこの世が喜びばかりなら、人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう」。

私が興味を持ってヘレンケラーの名言をネットで調べてみたところ、ご本人が障害があっても前向きな発言ばかり、すごくポジティブなのです。

改めて世界の偉人の一人だと思いました。

目が見えなくても彼女には未来が見えていたのだと思います。

5月12日(土)     「政治家のレベルでは勝てないようです」   

柳瀬元首相秘書官の喚問を見てまたかと感じました。

国民はもとより政治家すらバカにしています。

だからあんなすっとぼけが出来るのでしょう。

上手い返答に、記憶が無くなったり甦ったりと大変便利な機能をお持ちのようです。

佐川元理財局長、福田元財務次官、柳瀬元首相秘書官と喚問時は冷静で上手くはぐらかして答弁する。

並みの政治家ではとても太刀打ちできないでしょう。

頭が良いと危機回避能力も高いことが証明されたようです。

なぜ勉強するのか、それは危機回避能力を高めるためだと書いてあった本を思い出しました。

5月11日(金)     「気分転換」   

万年筆のインクで深緑色を買ってみました。

早速、日記を書いてみたのですがいい色です。

インクの説明書きに、日本には美しい自然や景色が多く存在し、またそれらにはとても美しい色があります。

その美しい情景から創造された彩り豊かなインキと説明されていました。

さらなる書く喜びをあなたに。

パイロットコーポレーションの色彩雫シリーズ、これから沢山字を書きます。

5月10日(木)     「1日が長いと感じていますか」   

年を取るたびに1日が短く感じるようになった人多いと思います。

これは脳の記憶に関係するそうで、記憶するものとしないものを海馬で選別して、記憶することが多ければ充実したと感じるのだそうです。

その逆であればあっという間の1日、1年となるわけです。

大人は子供より長く生きている分、新しい事を記憶することが少ないのでしょう。

仕組みが分かれば、ワクワク新体験をたくさん行えば人生明るい。

探してみましょう。

5月9日(水)     「将来を奪うな」   

幼い子の命を奪わないで。

これからの人生歩んで行く子供のこれからを何だと思っているのか。

小学2年生女児を殺害し、線路に遺棄するなんて信じられません。

とても悔しい悲しい事件です。

早く犯人が捕まることを願っています。

5月8日(火)     「男と女の違い」   

あるシンクタンクの調査の結果、男は田舎暮らし志向が強いそうです。

女性は利便さから都会志向が多く、男性の3倍あるそうです。

後、女性は自分のペースで生きていきたいと考える人が多く、逆に男性は夫婦一緒に生きていくと考える傾向にあるそうです。

男性がやってみたいことで賛成するのは海外旅行ぐらい。

男性は人生を楽しむためには趣味を持たないとやっていけないかもしれません。

5月7日(月)     「大谷さーん」   

大谷選手3勝目おめでとうございます。

投手で3勝、バッターで3割越え、凄いです。

まだ23歳で海を渡り大活躍、気持ちがいい話です。

私も力を頂いている気がします。

(全21ページ)   1  2  3  4  5